グローバルサイト

従業員参加型の
活動

~CSRの基本は従業員の参加~

JCB社会貢献
プログラム

JCB社会貢献プログラム

創立50周年を迎えた2011年より、全役職員が年1回以上、社会貢献活動に参加する全社活動「JCB 社会貢献プログラム」を行っています。さまざまなNPOとの協働により、これまでにのべ1万2千人が社会貢献活動に参加しました。
日本の絵本に東南アジア新興国の国語のシールを貼って子どもたちに届ける活動や、外貨コイン仕分けなどNPOが活動資金を得る取組みへの参加、NPO事務所での事務手伝いなど、さまざまなプログラムを毎月提供、個々の役職員の働き方に応じた参加しやすい体制を整えています。プログラムに参加するごとにピンバッジがもらえ、3年以上に渡って3回参加すると銀色のピンバッジがもらえます。
社会に貢献し、社会課題への理解を深めるきっかけとなるだけでなく、活動を通じて充実感・達成感などが得られ、参加者の自信・成長にもつながっています。

NGO等の団体による
社内販売

NGO等の団体による社内販売

ESAアジア教育支援の会、ピースウィンズ・ジャパンなど、NPOによる商品の社内販売会を毎年2回実施しています。NPOが支援する国の特産品などを従業員が購入することでNPOの支援活動に役立てられます。

収集活動

当社役職員に対し「使用済み切手」などの収集を呼びかけています。収集物はNPO等に寄贈し、さまざまな支援活動に役立てられます。

収集物 寄贈先(NPO法人) 活用方法
使用済み切手 シャプラニール 南アジアの子どもや女性への協力支援活動。
不用な本・雑誌・CD・ビデオ・DVD等 ルーム・トゥ・リード・ジャパン アジアの子どもたちへの教育支援に活用。
カレンダー・手帳 コミュニティ・サポートセンター神戸、他数団体 自治会や地域団体等を通じて社会との接触が少ない方々に配布。